Gitでブランチ確認、作成(追加)、変更、削除、切り替えの方法

システム開発をするときはmasterブランチで開発をする方法もありますが、機能ごとにブランチを作って開発をするという方法が一般的です。今回はこのブランチ関連の操作をまとめて紹介します。

ブランチを作成する

$ git branch <ブランチ名>

ブランチを表示する

$ git branch

オプション

-a
–all
リモートリポジトリも表示する
-r
–remotes
リモートブランチ一覧を表示する

ブランチを切り替える

$ git checkout <既存ブランチ名>

オプション

-b <新ブランチ名> ブランチを新規作成してそのブランチに切り替える

変更をマージする

$ git merge <ブランチ名>
$ git merge <リモート名/ブランチ名>
例: $ git merge origin/master

上記のコマンドを打つと作業中のブランチに変更履歴をマージ(統合)することができます。

現在作業中のブランチ名を変更する

$ git branch -m <ブランチ名>
$ git branch -m new_branch

ブランチを削除する削除

$ git branch -d <ブランチ名>
$ git branch -d old_branch

masterにマージされていない変更がある場合は警告を出して削除できない。強制的に削除したい場合は以下のコマンドを使います。

ブランチを強制削除する削除

$ git branch -D <ブランチ名>
例:$ git branch -D old_branch

ログを確認する(複数行で表示)

$ git log

ログを確認する(1行で表示)

$ git log --oneline --decorate

git branchの実戦的な使い方の例

ブランチを切って機能追加する手順例

現在masterブランチがあるが、ログイン機能を実装するという時にloginというブランチを切ってそのブランチで開発をします。手順の流れとしては以下になります。

  1. git pullで最新の状態にする
  2. git branch login でブランチを作成する
  3. git checkout login でブランチを変更する
  4. ログイン機能を実装する
  5. git checkout masterでブランチを変更する
  6. git merge loginで変更をマージする

基本的な使い方なので何回かやって慣れておきましょう。

ブランチを切って機能追加後、プルリクエストを送る手順例

より実戦的な方法です。

前回同様、現在masterというブランチがあるが、ログイン機能を実装するという時にloginというブランチを切ってそのブランチで開発をします。その後、自分でmasterブランチにマージせず、管理者にコードレビューしてもらってからマージしてもらいます。

手順の流れとしては以下になります。

  1. git pullで最新の状態にする
  2. git branch login でブランチを作成する
  3. git checkout login でブランチを変更する
  4. ログイン機能を実装する
  5. git add .
  6. git commit -m “ログイン機能を実装”
  7. git push origin login
  8. githubでPull requestsタブを開きNew Pull Request
  9. masterブランチとloginブランチをcompare→Create pull request
  10. commentに「レビューお願い致します」など入力してCreate pull request※
  11. Merge pull request→Confirm mergeでmasterブランチにマージ
  12. Delete branchでloginブランチを削除
  13. git branch masterでmasterブランチに移動
  14. git pullで最新のリポジトリ(loginが反映されたリポジトリ)をマージする
  15. git branch -d loginでブランチを削除する

※実務だとReviewers(管理者、コードレビュー者)も選択する。個人で学習していてレビュー者がいない時は選択しない。

Gitのおすすめ書籍・動画

コメント

タイトルとURLをコピーしました