YouTube動画作成

【まとめ】ゲーム実況YouTuber初心者が用意するもの、ポイント

更新日:

Googleアカウント YouTubeにアップロードする為に必須。
無料で作成可能。
パソコン 編集作業などで必要。
スペックは高いほど良いが、はじめはあまり気にしなくて良い。
動画は容量が大きいので、HDD(SSD)は大きめのものが望ましい。
動画編集ソフト 動画の一部をカットしたりするなどの作業で必要。
無料のものから有料のものまであり。
キャプチャーボード ゲームを録画する為に必要。
スマホアプリなどを使う方法もあるが、画質を考慮すると用意した方が良い。
価格はものによるが一万円~程度。
マイク 実況をする際に必要。
安価なものは2000円~3000円程度で購入可能。
カメラ 顔出し動画を撮りたいなら必須。スマホで代用することも可能です。
三脚 カメラを使う場合は用意する
ゲーム機
(スマートフォン)
当たり前ですが必須です。
スマホアプリの場合はiPhoneが動作が良好な場合が多いです。

Googleアカウント

これがないとYouTubeに動画をアップロードすることができます。まずはじめに作っておきましょう。アカウント作成は以下リンクから作成が可能です。

⇒Googleアカウント作成

名前(性・名)、ユーザー名、パスワード、生年月日、性別、携帯電話番号、メールアドレスが記入事項です。

ユーザー名はGメールのアドレスになります(例:ユーザー名:youtuber→youtuber@gmail.com)。

スポンサーリンク

パソコン

ノートパソコン

デスクトップパソコン・ノートパソコンどちらでも良いですが、保存容量が多いものが良いです。

動画は1ファイルで数十GB行くことも珍しくないので、余裕がなさそうな場合は外付けハードディスクドライブを用意するのが良いです。

最近だと数TBのものが一万円程度で購入できます。

動画編集ソフト

動画の部分削除やテロップ(字幕)を入れたり、動画を圧縮したりすることができます。初心者のうちは使いこなすのが難しいですが、少しずつ慣れていくのが良いでしょう。

Bandicamaviutl、Windowsムービーメーカーなどが有名です。

有料版のBandicamが安価(4000円程度)の割に性能・使いやすさのバランスが良いです。ソフトに迷ったらBandicamがおすすめです。動画作成は動画を撮影鋭している時間よりも編集している時間の方が長いくらいなので動画編集ソフトははじめから使いやすい有料ソフトを用意するのが吉です。

目的をハッキリさせておく

動画をアップロードする前に、どんな配信者になる(どんな動画をアップロードする)かを決めておきましょう。

ジャンルがバラバラな動画をアップロードするよりも一つのテーマの動画を集中してアップロードする方が視聴数・チャンネル登録者数が伸びやすいです。

スカパーなど衛星放送の専門チャンネルのようなイメージです。

「○○のジャンルならこのチャンネル」といわれるのを目標にすると良いでしょう。

顔出しはするか?

可能ならば顔出しした方が視聴数、チャンネル登録者数は伸びやすい傾向にあります。有名YouTuberはほぼ全員顔出ししています。

見ず知らずの配信者よりも、顔を知っている配信者の方がなじみやすく、ファンになりやすいです。

また声だけでなく、表情でも情報を伝えることができるようになるので伝えたいことが伝えやすくなります。

ただプライバシーや勤務先バレしたくないなどで仮面を付けながら顔出し(?)配信をしている人もいます。

動画の更新頻度

毎日更新が最強です。毎日更新するのが難しい場合でも少しでも多くアップロードするのが基本です。

週に1~2本しかアップロードできないという場合は、決まった曜日に定期更新するようにしましょう。

そうすることによって定期的に視聴してくれる人が増えます。

とにもかくにも継続が大事

なんにでも共通することですが、継続することが大事です。

YouTuberや自営業やアフィリエイトなどで広告収入を最初から満足に稼げる人はいません。動画の視聴数が0なんていうのも普通にあります。

今のYouTube業界は飽和状態で、山のようにYouTuberなんています。ただほとんどの人はすぐやめます。YouTuberは始めるハードルが低いのでやめるのも早いです。

地道にチャンネル登録数を増やして視聴数を増やしていきましょう。

半年でチャンネル登録者数○人、1年でチャンネル登録者数○人など、定期的に目標を立てて継続していきましょう。

動画のネタ探し

動画を定期的にアップロードするにはネタが大事です。ネタがなくなると更新が滞りがちになり、YouTuber廃業ということもありえます。

ゲーム実況の場合はゲームの攻略サイト・ランカーのTwitterを都度確認して情報を仕入れておきます。

商品紹介系のYouTuberの場合はニュースサイトなどを定期的に見るようにしてアンテナを高くしておきましょう。

この他に他のYouTuberがどんな動画をアップロードしているかも確認しておきましょう。自分のリサーチが漏れている場合は、できるだけ早く動画を撮影してキャッチアップしましょう。

サムネイル作り

動画を見るかどうかの判断材料になるサムネイル画像。商品で例えるとパッケージにあたります。重要です。

最初は有名YouTuberのサムネイルを見て勉強しましょう。

サムネイル画像の作り方は以下のページでまとめているのでそちらも参考に。

youtube動画のサムネイルの作り方

タイトルにも共通することですが、嘘や誇大表示はNGです。YouTubeの規約違反です。

釣りタイトルもやめておきましょう。初めのうちは再生数を稼げますが、次第に反応が悪くなります。それどころかファンが離れて行ってアンチにすらなりかねません。

エンドカード

動画の最後(エンディング)に流す画像などのことです。ここでチャンネル登録を促すYouTuberが多いです。あとは見てくれたお礼も入れておくとよいです。

BGM・効果音はフリー素材を使う

動画のバックに流すBGMや効果音はフリー素材を使いましょう。著作権のあるものを無断で使用すると、動画が削除されたり、著作権者から裁判を起こされる可能性があります。

ちなみにYouTuber事務所のUUUMでは所属者向けに著作権処理をした(著作権料、契約を事務所がまとめてやってくれる)素材を用意してくれています。チャンネル登録数が伸びてきたら事務所に所属するというのも一つの選択肢です。

参考記事:【まとめ】主要YouTuber事務所一覧(MCN)

プレゼント企画

YouTubeの規約的にグレーなのであまりおすすめはしません。iTunesカードやGoogleプレイのカードやゲーム機をプレゼントしているのを良く見かけます。

チャンネル登録数・視聴数が増えてきて、広告収入も伸びてきたらプレゼント企画を検討してみるのも一つです。

あんまりおすすめはしないです。

-YouTube動画作成

Copyright© hobby23 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.