実況者向け!iPhoneアプリを録画するソフト

シェアする

アマレコTV(フリーウェア)

定番の録画ソフト。キャプチャボードから取り込んだ映像を録画することが可能です。使用にはAMVコーデックを購入する必要があります。無料でAMVコーデックを利用することも可能ですが、その場合動画の左下にAMV4のロゴが入ります。
無料で利用して動作確認をしたら、ライセンス(2808円※)を購入するのが良いでしょう。
※2016年2月現在

基本機能

音声録音
色み補正

公式サイト

実際に使ってみた感想

マイク入力(音声録音)のボリューム調節が難しいです。音声が1.0倍(標準)、1.5倍、2.0倍、3.0倍、4.0倍、6.0倍、0.5倍、0.25倍、0.13倍、0.06倍、0.03倍しか選択肢がなく、微調整ができません。
音声は別撮りにする方がボリューム調節がしやすいので良さそうです。別撮りにする場合はAudacityやSoundEngineといったソフトが使いやすいです。
録音後はAviutlの拡張編集で合成します。

ロイロゲームレコーダー(フリーウェア)

手軽に録画、音声入れが可能なソフト。マイクさえあれば動画の撮影と同時に音声も吹き込むことができます。
公式サイト

基本機能

音声録音
色み補正 ×

bandicam

定番ソフト。無料版と有料版(シェアウェア)があります。
無料版では録画は10分まで、ロゴが表示されるなどゲーム実況などには不向きです。無料版で動作を確認した後に有料版を購入するのが良いでしょう。
有料版のライセンス料金はPC1台にインストールする場合4320円※、PC2台の場合は6480円※です。
※2016年2月情報
公式サイト

有料版と無料版の比較

無料版 有料版
録画時間 10分 無制限
ロゴの表示 あり なし
使用できる期間 無期限 無期限

シェアする

フォローする