趣味と生活の情報サイト

hobby23

見出し

サイト内検索

サイト内検索

子育て・キッズ

あなたのお宅に眠っているランドセル、売ってみませんか?

投稿日:

ランドセル

入学前に我が子と選んだランドセル。雨の日も暑い日も寒い日も一緒に登校し、6年間の思い出がたくさん詰まっているのではないか思います。ですが小学校を卒業すると、ランドセルをどうすれば良いか悩みますよね。結構場所をとりますし、私事ですが子供が3人居たりすると、ずっと保管するのも正直悩みます。

もし「やっぱりランドセル、どうにかしたい!」と思っている方、ランドセルを売ってみるという選択肢があります。どういったランドセルが売れるのか、また高く売る方法などをご紹介してきます。

どうしてランドセルが売れるのか?

金銭的余裕が無い

公立小学校では制服が無い所も多いですが、ランドセルはほとんどの小学校で使われています。特に近年、ランドセルは祖父母が買う風潮が強く、価格も3,4万は当たり前となっています。ですがそれが難しい家庭もあるかもしれません。

それにランドセル以外の物品や入学後もピアニカやスクール水着など、意外とお金がかかります。また双子や三つ子のお子さんがいる家庭ならば、ランドセルを同時に2つ買うことも大きな出費です。

親の判断

金銭問題ではなく、子供に新品の何万もするランドセルを買わせる必要がない、と考えるお親御さんもいらっしゃいます。またエコの観点から、他の方から譲り受ける方が良いと考える方もいます。

高学年になってからランドセルが壊れた

結構多く耳にするかもしれませんが、このパターンで購入する方が多いです。

メーカーに修理に出したいけれど保証書をなくしてしまった、修理できるけど往復のランドセル送料が高い、古いランドセルと代替えランドセル、それに新しいランドセルの郵送のやり取りや手続きが面倒、また修理に出したら新品になり、今さらピカピカ過ぎてなんだか恥ずかしい・・・なんて事もあるようです。

意外と使用済みランドセルにも需要があるんですね。

使用済みランドセルを売る際の注意は?

使用済みランドセルの買い取りをしてくれるのかを事前に確認する。

使用済みだと、1万以上の買い取りは難しいかと思います。

中には、未使用品のみ買い取りとなっている所も多いです。

状態が良いものでなければ売れない

カバーをかけて6年間使っていたとしても、どうしても汚れや傷などはついてしまいます。あまりにヒドイ場合は、売るのを諦めた方が良いでしょう。汚れ、シミ、ホコリ、色落ちはもちろん、角のほつれや破れなどもあると難しいです。

また買い取ってもらえる様に事前にお手入れをしましょう。牛革なら専用クリーナーで汚れを拭き取ってワックスで磨き、吸水性のよい布で乾拭きします。クラリーノなら中性洗剤で薄めた布で汚れを拭き取り、固く絞った布で水拭き、最後に乾いた布で拭きあげます。

もしここまで手入れが出来なくとも、さっと乾いた布で拭くくらいはした方が良いです。

売る時期やより高く売れる方法とは?

できるだけ早く売ること。

特に牛革ランドセルは湿気にも注意しなければならず、使わなくてもどんどん劣化していきます。

それにランドセルは多くのメーカーが毎年モデルチェンジしています。型が古すぎると売れない可能性も大きくなります。小学校によっては、高学年になればランドセル以外の使用を許可している所もあります。今、かばん等で通学していて子供がもう使わないと言うならば、早くに売ってしまう方が良いかもしれません。使用歴が短い方が状態も良いままで型も新しく、高くで売れます。

人気のランドセルが売りやすい

やはり有名な人気のブランドランドセルが高値がつき、売れる可能性が大きいです。

天使のはねのセイバンランドセル・土屋鞄製造所・フィットちゃんランドセル。あとは男の子向けのアディダス・プーマ・ナイキなどスポーツメーカーのランドセルは早く売り切れたりするので、オススメです。

あとは使うごとに味が出る牛革ランドセルは元々高価なので、クラリーノより高く売れる傾向です。

近所のリサイクルショップよりもネット環境のオークションやフリマアプリで売る。

リサイクルショップは店舗を構えているので、経費も多くかかっています。その反面、ネットでは様々な経費がかからなかったり、安くで済みますし、全国規模で販売しているので高く売れる事が期待できます。

ランドセルの箱や保証書、付属品もつける事。

店舗での買い取りならば、箱や保証書は無いと買い取りが難しい場合もあります。

新品や未使用品だと期待できる!

それぞれの両親のサプライズでランドセルを2つ貰ってしまったり、早めに購入しすぎて色が気に入らず買い直した、など意外と新品・未使用品が売られています。箱や保証書がついていて、定価の半額以下で売っている物もあり、人気もあるようです。

まとめ

それぞれのご家庭でランドセルに対する考えが異なります。未使用のランドセルはもちろん、使用済みのランドセルも実際に需要があるのですから、親子で使わなくなったランドセルをどうするか話し合ってみると良いですね。

記念に取っておくのも良いですが、必要としてくれる人に使ってもらえるのも素敵だと思います。

-子育て・キッズ
-

Copyright© hobby23 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.