スマホ・インターネット回線

簡単にわかる!インターネット開通までの流れと工事内容。工事までの期間、利用できるまでの最短日。

投稿日:

インターネット手続きのポイント

  • 光インターネットを選ぶ
  • プロバイダーはどこでもOK
  • キャッシュバックをもらえる代理店・プロバイダーから申込む

光インターネットを選ぶ

現在では主流のインターネットは「光インターネット」です。

光インターネットとは、光ファイバーと呼ばれるガラスでできたケーブルを利用したインターネットのことです。

この光ファイバーは従来の電話線インターネット(ダイヤルアップ/ISDN/ADSL)と比較して何十倍ものデータを高速に送ることができます。

基本料金は同等です。

電話線インターネットは自宅にNTTの固定電話回線が必要でしたが、光インターネットは必要ありません。

固定電話回線は毎月1,700円ほど基本料金が発生します。

フレッツ光がおすすめ

光インターネットはNTT東日本・西日本が提供しているフレッツ光がおすすめ。

エリアが広く、ほぼどの地域・集合住宅でも利用することができます。

プロバイダーはどこでもOK

以前はプロバイダーごとにサービスが少し違っていました。たとえばA社はホームページスペースが無料で利用できる、B社はメールアドレスが複数個持てるなど。

現在ではプロバイダーごとの差がほぼなくなり、どこのプロバイダーを選んでも変わらなくなりました。

フレッツ光の主要プロバイダー

  • ASAHIネット
  • B.B.excite
  • BIGLOBE
  • WAKWAK
  • OCN
  • plala
  • So-net
  • DTI
  • nifty
  • hi-hoなど

どこを選んでも良いでしょう。この後説明するキャッシュバック対象になっているプロバイダーを選べば良いです。

割引orキャッシュバックをもらえる代理店・プロバイダーから申込む

光インターネットは特典なしで申込むのはかなりもったいないです。

探せば数万円の割引orキャッシュバックが付いてくる代理店・プロバイダーがあります。

例えばヤフーが提供しているソフトバンク光は割引額が他社と比べて高く、お得度が高いです。

ソフトバンク光はフレッツ光とヤフーのプロバイダがセットになった商品です。

フレッツ光とプロバイダの2社契約をせずに済むのでネットのことに詳しくない人でもスムーズに開通させることができます。

今からネットを申込むならソフトバンク光をおすすめします。

工事までの期間

申し込みの混雑状況によりますが、おおよそ2週間~4週間程度です。

繁忙期(2~3月)は遅くなりがちです。

申込んで即日(当日)使うというのはできません。

どうしてもすぐに使いたいという場合はWiMAXがあります。

WiMAXはカードサイズのルータ(端末)で電波を中継して、パソコンやスマホ・タブレットをインターネットにつなげるというものです。

通信速度や電波の安定性(つながりやすさ)は光インターネットに軍配が上がります。

どうしてもすぐに使いたいという場合はWiMAXを選ぶのも良いでしょう。

参考:WiMAXのまとめとキャンペーン

工事内容

一戸建て住宅

近くの電柱から光ファイバー線を自宅まで引っ張る工事をします。

宅内にはエアコンの配管の隙間や電話配線の隙間を利用して入れるのが多いです。

使える隙間がない場合は穴をあけて宅内に入れます。

どの部屋にモデム(パソコンとインターネットの中継装置)を置くかによっても変わってくるので、工事業者さんと相談しましょう。

工事日までに決めておくとスムーズです。

集合住宅(アパート・マンション)

電話配線(モジュラージャック)などを利用して宅内に光ファイバー線を入れます。

戸建住宅と違い、どこから宅内に光ファイバー線を入れるかはほぼ選択できません。集合住宅内の作りによってほぼ決まっています。

インターネット開通までの流れ(手順)

  1. 申し込み
  2. 代理店(orプロバイダー)から連絡
  3. 工事日決定
  4. 工事
  5. インターネット開通

以上のような流れになっています。

1から5まででおおよそ2週間~4週間程度です。

-スマホ・インターネット回線

Copyright© hobby23 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.